後遺症、合併症

レーシック手術など受けた場合、合併症という後遺症が残る場合があります。レーシック手術が登場した頃には、まだまだ技術が進化してないゆえに、このような問題で多くの手術を受ける人たちを不安にしていたのです。
レーシック手術を受ければ当然目か良くなるはずですが、視力はますます低下して、メガネ、コンタクトレンズも使用出来ない状態となってしまうことになります。

後遺症と合併症と違うものです。
合併症をよくハロ・グレア現象と言う言い方もします。
夜間に光がぼんやりにじんで見える現象のことをハロと言う言い方をします。
このような合併症は頻繁に起こることは起こりますが、半年程度で症状は消えていくものです。
一過性のものとしてレーシック手術には良くあるものとされています。

後遺症は、不具合が半永久的に残ってしまうことを言います。
角膜移植による最終手段として治療が必要になってしまうことを言います。
一方で合併症と言われるものは、不具合が起こるにしても、一過性のものであり、恒久的と言うことでもなく、治療によっても回復が可能なものを言います。

合併症、後遺症の起こる原因はレーシック手術の場合、 フラップというフタを作ることにあります。
合併症の場合フラップがずれることにより、菌が入ってしまうことを言い、 元の位置に戻す、感染の治療を行うことが出来ます。
後遺症はと言えば、フラップが元の状態に戻すことが出来ないことを言います。
もう少し詳しく見て行きましょう。

Copyright © 2014 後遺症と合併症の違い All Rights Reserved.